Img_39936dfdf3235662426bad5884ce5387
10年前、東京浪漫劇場というサイトをつくりました。
東京が帝都と呼ばれていた時代に飽くなき憧れを抱き、当時盛んに撮っていた旧い建物や風景、銭湯、集めていた古道具などの冩眞を、往時を思わせるデザインにのせて公開するもので、それは自分でも随分凝ったとしみじみするような作り込みようでした。

私が旧い建物を前に長年思い続けていたことは、単に無責任なヨソモノの立場で鑑賞するのではなく、実際に年月を重ねた建物と苦楽をともにしながら生活がしたい、ということでした。

時は流れ、東京の北の果てにある一軒の旧い貸家と、似たような生活を好む相方とがその悲願を叶えてくれました。
古道具は日常の道具となり、銭湯は私以上に銭湯馬鹿な相方とふたり、週末と休日の習慣になりました。また、東京から地方へ出掛ける機会も増えました。

気がつけばのんびりペースながらも10年。その間にはWebでの発信形態も進み、こだわって作り込んだサイトを老朽化したマシンで更新するのは正直、骨の折れる作業となっていました。

様々なことが重なったところにいい区切りを得て、サイトもより今の自分に合うものへと整理し、気持ちも名前も新たに仕切り直すことにしました。

変わらないのは昔日と旧いものに対する深い愛着、そして生活のなかに冩眞があること。

今後ともよろしくご愛顧いただければ幸いです。

2012年1月 「東京、北の生活。」tomo


◆ 御 案 内 ◆

旧い家に住む
日々の書付。
築50余年の古家より、2013年末、築40余年の集合住宅へ移りました。

旅と散歩
今日もどこかで人知れず失われ往く、昔日の面影。

喫 茶 部
一杯の珈琲と、その風景。

銭湯覚書
郷愁をもとめて浸かりにゆく、日本各地の銭湯の記録。

twitter (@Tokyo_Northlife)
更新情報と、ときどき日常の断片を。



◆ about ◆

tomo
1977年埼玉県出身。相方(夫)とふたり暮らし。

2001年 webサイト「東京浪漫劇場」開館
2006年 cafe NOMAD(東京・根津)にて個展「路地の体温」
2007年 第15回谷中芸工展に参加、市田邸(東京・上野桜木)にて個展「東京の憩」
2008年 九段下ビル(東京・神田神保町)にてグループ展「九段下ビル 写真アーカイブ展」
2012年 「東京、北の生活。」オープン
2013年 「東京浪漫劇場」閉館
2014年 「私的キモノ手帖*」オープン 着物関連の話題はこちらにて発信中
2016年 ハンドメイドレーベル「つばめボビン」スタート

カメラ
OLYMPUS OM-D/FUJIFILM X-T1
SONY RX-100Ⅲ
OLYMPUS PEN E-P2
MINOLTA SR-7

藝 術
川瀬敏郎/F.L.ライト/歌川広重
竹久夢二/川瀬巴水


写 真
木村伊兵衛/桑原甲子雄


映 画
小津安二郎


愛するもの
旧い建物/喫茶店/銭湯/洋菓子屋/懐かし系パン屋
鉄道の醸す浪漫/自転車/キモノ/御土産/当地もののレトロパッケージ
日本と欧州の旧いもの/暮らしを助ける美しい道具/手仕事の技と品々
穏やかな日々の暮らし